【最新】YouTube動画をダウンロード保存する超最新テクニック《保存版》

YouTube保存ならダウンロードソフトの活用がおすすめです。当ページでは、2015年最新の今でも通用するYouTube動画のダウンロード保存テクニックを紹介します。動画ダウンロードソフトには流行り廃りがあるため、昔使えたソフトでも今は使えない、ということも少なくありません。当サイトでYouTube保存の最新テクニックをマスターしましょう。

(※注 著作権法に違反しない範囲で、必ず私的利用でのみご利用ください。また違法にアップロードされた動画をダウンロードする行為は、例え私的利用の目的でも違法です。)

YouTube動画をダウンロードにより保存する場合

YouTube動画をダウンロードにより保存したい、という場合におすすめなのはMXONEです。以下がMXONEのUIです。

WS000857 元々MPXというブランド名で発売されていた動画ダウンロードソフトの後継ソフトです。YouTube、ニコニコ動画、Fc2動画などの動画をダウンロードすることが可能です。
また高機能な録画機能も付属しているので、もしダウンロードによる保存が難しい場合でも、動画範囲の自動検出による録画(レコーダー)により動画を保存することができます。

WS000497 YouTubeに関しては、一般の動画でも公式チャンネル動画でもダウンロード保存が可能です(ただし仕様変更で一時的に使えなくなることはあります)。また、mp4やAVI形式といった保存ファイル形式を選択したり、mp3形式のような音声ファイルでのダウンロード保存もできます。

対応プロトコルはHTTP通信をベースとする動画配信サイトです。有料動画サイトなどで主に用いられているRTMPEなどの技術保護のかかった配信形式はダウンロードすることができませんが、YouTubeのダウンロードであればMXONEで十分、活躍できます。

button

【その他のYouTubeダウンロードソフト】

その他のYouTube動画ダウンロードソフトとしては、CravingExplorerや、チューブとニコニコ録り放題ダウンロードスパイダーなどの商用ソフトがあります。

 

YouTube動画を録画により保存する場合

WS000368 こちらがムービーグラバーのUI画面です。ムービーグラバーには、【自動検出録画】と【範囲指定レコーダー】の2タイプの録画方法があります。自動検出録画はブラウザで動画を再生させるだけで動画を検出できる機能ですが、YouTUbe、ニコニコ動画、FC2動画、その他、多数の無料動画サイトに対応しています。特にYouTubeであれば、自動検出で録画可能です。
WS000370 動画をIEブラウザで再生させます。ここでムービーグラバーに検出されれば、そのまま「録画開始」ボタンで録画を開始できます。もし自動検出がされない場合は「範囲指定レコーダー」を利用して、手動で動画の範囲を指定して録画します。
WS000371 タイマー機能がついているので、録画終了時の停止などの操作は自動でできます。保存された動画は「保存先を開く」で確認しましょう。ムービーグラバーは通常版、HD、Ultimateの3エディションですが、自動検出録画の機能はHDかUltiamte限定なので注意してください。
button

【その他のYouTube録画ソフト】

その他に、YouTubeの動画を録画できるソフトとしては、画面キャプチャーソフトのBandicamなどがあります。Bandicamには有料版と無料版があり、無料版の場合は10分間の時間制限と、キャプチャ後の映像にロゴマークが入ります。有料版だと、ロゴマークや時間制限はありません。
あとは、少しマイナーでYouTube録画にはあまり使われないですが、アマレコTVという録画ツールもあります。

【まとめ】

Youtubeには様々な動画が配信されており、保存方法も多様です。
自分の使いやすいソフトやサイトを使ってYoutubeを保存する方法を見つけることが一番です。

【関連資料・サイト集】
Youtubeを簡単ダウンロードする方法
YouTube公式ヘルプフォーラム

※当サイトはインターナルが所有・運営しています。こちらのサイトの内容に関するお問い合わせ等は株式会社インターナルまでご連絡ください。
※当サイト掲載の情報は必ず、適法の範囲でご利用ください。